So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ブレードランナー2049 [映画]

80年代に上映されてから、今も世界中にもカルトなファンが多く存在
する伝説的なSF映画、それが「ブレードランナー」。
私もその昔、千葉の映画館で観てから、すっかりあの世界観に影響されて
未来に対する考え方まで変わってしまったほど。
降り続く酸性雨、遺伝子操作の人工生物、多国籍言語の混沌としたLA、
空を飛ぶ飛行車、想像を超えたディストピアの表現に圧倒されました。

その続編が34年の時を経てついに実現、「ブレードランナー2049」。
いったいどんな未来が描かれたのでしょうか。
2049_01.jpg
舞台は前作から30年後の世界。
ブレードランナーの主人公“K”が、旧式レプリカントネクサス8型を
処分する任務を遂行中、人類の存在そのものを揺るがす事件に巻き
込まれてしまいます。その事件にはかつてLA警察のブレードランナー
であった“デッカード”と関係があることにたどり着き、“K”は危険な
追跡劇に身を投じていきます。

ここからはネタバレがありますので、気になる方は飛ばしてください。
---------------------------------------------------------
“K”を演じるのはライアン・ゴズリング。ブレードランナーの彼は
人間ではなく、ネクサス9型のレプリカントです。
物語は“K”が旧型レプリカントのサッパー・モートンを処分した際、
その住居の庭からある白骨死体を発見するところから始まります。
その死体は分析の結果、かつて“デッカード”とLAから逃亡したレプ
リカントの“レイチェル”であり、死因は帝王切開の合併症で亡くな
ったことが判明。
レプリカントの妊娠は不可能であるとされており、この情報が公開さ
れた場合の社会的混乱を避けるために“K”の上司は事件の証拠を隠滅
し、生まれた子供を始末するよう命令します。
そして、捜査のために立ち寄ったウォレス社(タイレル社からレプリカ
ントの生産を引き継いだ会社)の“ネアンデル・ウォレス”は自社の技
術では確立できないレプリカント生殖能力を我がものとするべく、生ま
れた子供を奪うため“K”の行動を部下に追わせます。

かくして“レイチェル”の子供を巡り“K”そしてウォレス社、そこに
レプリカントレジスタンスも加わり、その出生の謎を解くカギとなる男
“デッカード”探し出すための壮絶な戦いが始まります。
2049_09.jpg
とにかく前作以上に未来世界の美術が秀逸です。
荒廃した近未来にタイムトリップした感覚、まさに体験する映画と言え
る作品と思います。
前作はLAの街並みだけが描かれましたが、今回はLA以外の広範囲が描か
れ、より末期的な姿となった地球を体感することができます。
2049_07.jpg
2049年の地球は、謎の大停電、核爆発の汚染、食物危機など最悪の状況
となっており、大半の人間は他惑星に移住している設定です。
物語のなかでも主要キャストで人間は3名(デッカードが人間として)で
レプリカントやAIなど「生産」されたキャラクターのほうが多く登場します。
ディストピア感がパワーアップしてますね...。

前作と大きく違うのは、主人公そのものがレプリカントである点。
視点は人間側ではなく、レプリカントから人間を見ていることが興味深く
感じました。人間とレプリカント...果たして境界線はなにか?
「母体から生まれた者には魂があるのでは?」
“レイチェル”の子供を処分する命令を受けた“K”は戸惑います。
前作以上に、レプリカントがその存在に悩む姿が描かれる点が続編の面白さ
の一つと感じました。

物語のカギを握る“デッカード”、今作もハリソン・フォードが演じます。
ちょっとゲスト出演かと思っていたら、ガチにアクションをこなしライアン
・ゴズリングにも負けないカッコよさで頑張ります!
監督のドゥニ・ヴィルヌーヴはこの作品は前作へのラブレターと言ってま
したが、前作のリスペクトをしっかり感じる素晴らしい続編となりました。
ちょこっとだけ“ガフ”も出たり、過去のオマージュと思えるシーンもふんだん
に加えてあり前作ファンはニヤリとしちゃいます。

前作のファンでない方も、ストーリーは理解しやすいと思うので上質なSFと
して鑑賞しても楽しめると思います。
ただ、上映時間が2時間43分ですので、見る前にトイレは忘れずに!
2049_06.jpg

ラストの雪のシーン...本当に美しかったです。






nice!(6)  コメント(7) 
共通テーマ:映画

山時計 CASIO PROTREK PRW-3510Y-1JF

気づけば10月も終わりですね。
CSも結局、西武ライオンズはファーストステージ敗退。
先週末からはソフトバンク対DeNAベイスターズとの日本
シリーズが始まってます。

さて、ハイキングを始めて早3年。以前から購入を検討し
悩んで悩んで、結局決まらず...そんなこんなで時間が過ぎ
てしまいましたが、やっと山時計買いました!
機種はCASIO PROTREK PRW-3510Y-1JFです。
prw-3510y-1er.jpg
主な機能はこんな感じ。
①方位、高度・気圧、温度を計測可能なトリプルセンサー
②20気圧防水機能
③世界6局電波時計
④日の出・日の入時刻表示
などなど
既に何回かの登山にて使用してみましたが、やっぱり高度
がリアルタイムで測れるのはホントに便利です。
こちらが高度を計測した状態。
casio_03.jpg
写真では高度854mを示しています。
高度は気圧を基準に計測を行うので、毎回キャリブレーション
をとる必要がある感じです。でも簡単にできますよ。

方位は60秒間連続計測が可能で、しかもベゼルにレジスター
リングが装備されているので液晶表示の方位をリングで示す
ことができます。
casio_02.jpg
ちょっとわかりにくいですが、7時あたりの位置に北を示す
液晶表示が出ています。方位136°は示している北に対して、
時計の12時位置との角度を表示しています。

気圧についても気圧傾向グラフ表示し、時間経過による気圧変動
を視覚的に表示してくれます。
しかも急激に気圧が下がった際はアラームを発してくれます。
casio_04.jpg
写真では929hPa(下に気温26.6度)を示しています。
この日は雨上がりのドンヨリ天気でした。

また20気圧防水(そこまでいるか?)のおかげで、雨天時の山行
でも難なく機能してくれる頼もしい時計です。
casio_01.jpg

基本の高度、方位、気圧測定はオペレーションがシンプル
でしかもボタンがとても押しやすいので、使いやすいです。
他にも様々な高機能を備えたPROTREKですが、まだ使い
こなせてません...。

PROTREKに決めるまでにはSUUNTOやSEIKOなどの時計
も候補に挙がってました。
いろいろ触ってみて検討した結果、やっぱり腕にぴったり
フィットして悩まず使えるシンプルなオペレーションのも
のを購入することにしました。
PROTREKはGPSなどの高度な機能はありませんが、山行
に必要な機能が簡単につかえる良さが決めてでした。

唯一の難点は時計全体が大きく、とてもビジネスに使えな
い「ゴツさ」ですかね。まあ、あまり気にしてませんが。

数回使用した感じでは、高度もかなり精度よく計測できます
し、表示も見やすく登山が楽しくなりました。

嫁曰く「もっと早く買うと思った」...いや悩むのが楽しいので



nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

クライマックスシリーズファーストステージ 第1戦 [LIONS]

しばらく更新が滞ってしまいすみません。
今月の初旬にてパ・リーグのレギュラーシーズンは終了し、
西武ライオンズはAクラス2位を獲得いたしました!
そして日本シリーズ進出をかけたクライマックスシリーズが
10/14より始まります。

ファーストステージはメットライフドームにて、2位西武ライ
オンズと3位楽天イーグルスが戦います。
なんとラッキーなことに、14日の内野指定席抽選に当たりま
して、小雨降るメットライフドームに出かけました!
CS_01.jpg
気温が低く、じっとしていると震えがきます...気温は15度。

球場に入ると、その熱気にビックリ!
一塁側での観戦となりましたが、楽天のファンもかなり熱い
応援で盛り上がってます。
CS_07.jpg
対する三塁側西武の応援団、外野席の横断幕がスゴイ!
CS_05.jpg

西武の先発ピッチャーは菊池、楽天の先発ピッチャーは則本。
ともに最多勝を争ったエース同士の対決となりました。
気合十分の菊池。
CS_03.jpg
CS_06.jpg
CS_04.jpg
立ち上がりは打たれましたが、その後は建て直し楽天打線を
封じ込めます。

一方の則本は1回に2点を取られ、その後も制球に苦しみ西武
打線に捕まります。
CS_09.jpg
CS_10.jpg
CS_11.jpg

3回裏には西武打線が爆発し、打者十人の猛攻で一挙5点を奪い
則本は4回降板に追い込まれます。

その後も西武打線は衰えず、6回裏には中村がダメ押しの3ラン
HRを放ち、10-0と試合を決定づけました。
CS_16.jpg
CS_15.jpg

その後も菊池は三振の山を築き、楽天打線を沈黙させます。
CS_19.jpg
CS_08.jpg

そして9回も菊池がマウンドに上がり...
CS_18.jpg
圧巻の9奪三振、5安打無失点で完封!あっぱれ!
CS_20.jpg
CS_17.jpg

ライオンズは超短期決戦の貴重な1勝目をもぎ取りました。
15日の第2戦に勝つか引き分ければ、ファイナルステージ進出が決まり
ます。日本シリーズに出るには、楽天だけでなくソフトバンクを倒さね
ばなりません...先は長い。

まずは福岡ドーム目指して、GO WEST!

nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

秘湯 貝掛温泉(新潟県) [旅行]

台風18号の上陸とぴったり重なってしまった9月の3連休。
嫁の家族と温泉旅行に出かけました。天気が悪い中、出かける
のもどうかとは思いましたが、なかなか全員の予定を合わせる
のが難しいので、悪天候覚悟で出発です。

行く先は新潟県の湯沢にある貝掛温泉という秘湯で、なんでも
全国でも珍しい目に良い温泉だそうです。
大宮駅から越後湯沢駅まで、上越新幹線で移動。
越後湯沢からレンタカーで貝掛温泉まで行きます。
kaikake_03.jpg
出発した日は16日だったのですが、もうドンヨリ曇り空。
それでも越後湯沢の駅は観光客で混雑してました。

レンタカーを借りて国道17号を進み貝掛温泉目指します。
途中「道の駅みつまた」によって一休み。
kaikake_04.jpg
こちら面白いのは、施設内に足湯があるんですよ。
kaikake_05.jpg
ちょうどこの日は外気が16度くらいだったので、こちらで浸かる
ことに。足湯は無料です、200円でタオルを買うことができます。

ここから少し進んで国道17号から少し入った場所に貝掛温泉はあり
ます。関東からもそれほどの時間をかけずに行ける秘湯です。
kaikake_06.jpg
kaikake_01.jpg
歴史を感じる外観、でも施設内はとても快適で過ごしやすいです。
温泉街ではなく、貝掛温泉は広い敷地に一軒しかあありません。
自然の中に静かにたたずむ温泉宿、なかなかいい雰囲気です。
kaikake_02.jpg
kaikake_07.jpg
そして、さっそく目に良い温泉に入浴。
温泉は熱湯とぬる湯があり、ぬる湯の出口にから直接湯をすくって
直接目を浸すのが効果的とのこと。
露天風呂もあり、これがとても広くて快適でした。
お風呂は時間で男女のエリアが入れ替えとなり、片方は露天風呂が
その半分くらいの大きさです。
とにかく、やさしいお湯なので長い時間疲れるのがいいです。
あまり長湯しないのですが、珍しく1時間ちかく浸かってました。

そしてこちらは夕飯も豪華!
様々な山の幸に加え、なんとイワナの塩焼きが出ます。
kaikake_08.jpg
こちら、食堂の手前にある囲炉裏でじっくり炭火焼きされる一品。
フワフワの身が最高でした。
しかも、ご飯が美味しい!魚沼のコシヒカリにこだわり、炊くごと
に精米しているという自慢のご飯。あまりの美味しさにおひつのご
飯を残さず平らげてしまいました。

台風のおかげで宿に足止め状態でしたが、宿が素晴らしかったので
最高の休日となりました~。

言い忘れてましたが、日本酒も様々そろっていてこれまた◎!

nice!(7)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

西武 vs. 日本ハムファイターズ 21回戦 [LIONS]

ペナントレースも終盤に入ってきました。
相変わらず、パ・リーグの首位はソフトバンク。
そして2位は西武ライオンズ!ですがゲーム差は14.5ゲーム差。
3位楽天が1ゲーム差で追ってくるすごい状況になっています。
(2017 9/9時点)
3位楽天とのゲーム差を引き離したいライオンズ。
現在5位の日本ハムとの対戦をメットライフドームにて観戦してきました。
lions_50.jpg
この日のライオンズの打順、発表された瞬間球場は大騒ぎ!
1番:秋山、2番:森、3番:浅村、4番:山川、5番:坂田、6番:メヒア、
7番:中村、8番:金子、9番:源田...2番から7番までが長打を得意とする
ホームランバッター揃い。
lions_52.jpg
この超攻撃型打線が、どうなりますやら。

ライオンズの先発投手は多和田。前回観戦した時はかなり安定した投球で
勝利を飾りましたが、今日はどうかしら。
lions_53.jpg
lions_54.jpg
受けるキャッチャーはなんと森。打撃を重視したのでしょうが、スタメン
のマスクをかぶるのは今季初。
lions_55.jpg

多和田のピッチングは申し分なく、3回まで無失点で安定したピッチング。
ファイターズ先発は加藤。こちらも多和田以上に安定した内容でライオンズ
打線を抑えます。
lions_57.jpg
lions_58.jpg

4回表、多和田のカーブをレアードが打ち返しソロホームラン!
lions_62.jpg
1点を与えたものの、多和田はその後も踏ん張り7回まで追加点を許さず
降板。なんとか多和田の好投に応えたい野手陣ですが...
浅村も...
lions_61.jpg
メヒアも...
lions_59.jpg
中村も...
lions_60.jpg
みな三振、ファイターズ先発加藤を攻略できません。
結局、強力打線は火を噴かず完全な投手戦に。

そして9回は守護神増井が登場。
lions_64.jpg
山川のヒット、岡田のバントで3塁までランナーを進めますが、
lions_66.jpg
lions_67.jpg
栗山、中村を連続三振でゲームセット。
悔しい1点に泣いた試合結果となりました。
lions_69.jpg
多和田が頑張っていただけに、ちょっと残念な試合となってしまい
ました。 まあ、相手の加藤がそれを上回るピッチングだったので
仕方なしですかね。

外にでたらすっかり秋の空、だいぶ日が落ちるのが早くなりました。
lions_68.jpg

9月11日時点で、ライオンズのシーズン残り試合は16試合です。


nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

ハイキング 百蔵山 [ハイキング]

昨年、初の標高1,000m越えを目指し山梨県の扇山を登りました。
今回はそのお隣にある百蔵山に挑戦します。標高は同じ程度の
1,003mです。

夏の低山は気温がすぐに高くなるので、早朝の出発にしました。
中央本線にて猿橋駅まで移動し車道を歩いて登山口に向かいます。
momokuro_01.jpg
天気は残念ながらドンヨリ...駅からも百蔵山の姿が見えません。
車道を歩いていると大きな渓谷を渡る橋に出会います。
川ではアユ釣りの釣り人が多く見られました。
momokuro_02.jpg
その橋を過ぎると、中央高速の下をくぐります。なんだか自然との
コントラストが不思議。
momokuro_16.jpg

駅から1時間ほど(!)歩いてやっと登山口に到着です。
ここまでで、ちょっと疲れました...。
気を取り直して、準備運動!登山開始です。
登山口のあたりでもすでに靄がかかっていて、幻想的な風景。
momokuro_03.jpg
登山道は湿気を帯びていて、足元が滑りやすいです。
しかも湿度が高いために、かなりの汗をかきました。
momokuro_04.jpg
途中でみつけた幻想的なクモの巣。水滴がついてこんな感じに。
momokuro_05.jpg
どこまで登ってもなかなか晴れない靄、しばらくこの風景を
楽しむとしましょう。
momokuro_06.jpg
山道そのものは歩きやすいですが、汗をかくので体力を奪われます。

尾根道になり山頂が近づいてくると、すこし靄が晴れてきました。
momokuro_08.jpg
momokuro_07.jpg
山頂近くでカエルに遭遇、「もう少しで頂上だケロ」。
momokuro_09.jpg
やっと頂上着、1,003m。頂上は真っ白...富士山どころか何も見え
ません。早々に下山、この時点で時刻は10:30でした。
momokuro_10.jpg

下山は浄水場側のルートを取ったのですが、途中でロープ下りの
場所があり、写真を撮ってません...カメラをザックに入れちゃい
ました。しかも先日の雨で登山道に雨が流れた跡があり、滑るし
歩きにくいしで、苦戦しました。

下山後、まだ時間に余裕があったので猿橋の観光名所「猿橋」を
見学にいきました。
猿橋は江戸時代から架かっている「日本三奇橋」の一つで浮世絵師
の葛飾北斎にも描かれた橋なのです。
momokuro_12.jpg
岸側から支え木をせり出し橋を支える構造を刎橋というそうで、猿橋
以外にもかつては存在したそうです。
momokuro_14.jpg
猿橋からの風景、下に見えるのは桂川です。立派な渓谷ですね、この
あたりの地形についてブラタモリで特集してほしい。
momokuro_13.jpg

今年の夏はなかなか晴れませんね~、晴天の頂上は秋まで待ちますか。

nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

鹿児島に行ってきました 桜島を巡る編 [旅行]

「末よし」のうな重にてすっかりお腹も満たされた我々は、
レンタカーを借りて、桜島へ渡るフェリーに乗ることにし
ました。今回はホンダフィットが相棒です。
kagoshima_35.jpg
鹿児島港~桜島港間の運航時間は約15分で、しかも日中は一
時間に4本(15分おき)とかなり頻繁に運航している桜島
フェリー。 もっと驚くことに、なんと年中無休の24時間
運航です! 
港に着くと誘導員の指示に従って、スルスルと船の中に進み
ます。あっという間に出航準備、お金は??
kagoshima_20.jpg
あれよあれよと鹿児島港出航、桜島が綺麗に見えます。
kagoshima_21.jpg
桜島フェリーは船の数も多く、全部で6隻。市民の足として、
重要な観光資源として、日夜活躍しています。
kagoshima_22.jpg
だんだんと桜島が近づいてきました。
kagoshima_23.jpg
反対側の航路のフェリーがすれ違います。
kagoshima_24.jpg
なんて呑気に過ごしてると、すぐに着岸の連絡が!
急いで車に戻ります。
kagoshima_25.jpg
慌ただしく車に戻るとすぐに着岸。作業員皆さんの手際のよい
動きがカッコいいです。
そしてゲートオープン、下船後に料金所があります。
フィットクラス(3~4m)で大人二人料金合わせ¥1,310です。

まずは湯之平展望台に向かいます。
kagoshima_26.jpg
どーんと、雄大な桜島が一望できる湯之平展望台。
標高373mにあるこの展望台は、桜島において一般の人が入る
ことの出来る最高地点です。
kagoshima_27.jpg
山の反対側は錦江湾ごしの鹿児島市内を眺めることができます。
穏やかな風景に癒されますね。

さて場所を移動し有村溶岩展望所に向かいます。
こちらは今も噴火活動が活発な南岳側から桜島を眺めます。
kagoshima_28.jpg
kagoshima_30.jpg
見渡す限りの溶岩、その異様な光景に驚かされます。
湯之平展望台から見えた桜島とは全く雰囲気の異なる荒々しさ。
その荒涼とした世界に、噴火の凄まじい力を感じます。
kagoshima_29.jpg
大正3年の大噴火の際、大量の溶岩が海をふさぎ、ついに大隅半島
と繋がってしまった桜島。
その大噴火の痕跡がいまも残る場所に移動します。

「黒神埋没鳥居」、大正3年の大噴火の際に埋もれてしまった鳥居
が残っています。
kagoshima_32.jpg
もともと3mあったという鳥居、なんと一日で2mも埋まってしまい
この姿に...。
kagoshima_31.jpg
大噴火のすさまじさを後世に伝えるために、あえて掘り起こさずに
残しているそうです。この奥には社殿がありますので、訪れた際に
はぜひお参りも忘れずに。

と、駆け足で回った鹿児島旅行。 まだまだ見どころはありますが、
我々は後ろ髪をひかれつつ、錦江湾を後にし、霧島温泉の宿に向かい
ました。
kagoshima_33.jpg

温泉あり、歴史あり、火山あり、そして鰻に魚に黒豚と美味いもの
天国の鹿児島県。次回は指宿温泉と開聞岳なども回ってみたいです。
ちなみに霧島温泉もなかなか素敵な温泉地でした。

鹿児島市内は銭湯もかけ流しの温泉なんだそうです、羨ましい~。

nice!(8)  コメント(9) 
共通テーマ:映画

鹿児島に行ってきました 西郷隆盛終焉の地を巡る編 [旅行]

「おいが西郷隆盛でごわす」
kagoshima_01.jpg
どーんと乱暴に西郷さんの銅像からスタートいたします!
今年の夏休みは、鹿児島をめぐる旅にしてみました。
まずは来年の大河ドラマ「西郷どん」を先取りして、鹿児島市の
城山周辺にて西郷隆盛終焉の地を回りました。

1828年、鹿児島市内加治屋町に西郷隆盛は下級武士の子として生まれ
ました。生誕の地は現在公園となり、石碑が建てられています。
kagoshima_02.jpg
このエリアは大久保利通など、幕末に活躍した偉人達を多く輩出され
ました。この近くには「維新ふるさと館」という資料館があり、明治
維新など薩摩藩の英雄達の活躍を分かりやすく展示しています。
kagoshima_14.jpg

ここからは「鹿児島ぶらりまち歩き」というボランティアガイドさん
を申込み、城山周辺をガイドしてもらうことにしました。
こちらは城山頂上から望む桜島。
kagoshima_03.jpg
1877年に国内最大で最後の内戦である、西南戦争が起こります。
この城山は西南戦争最後の戦場であり、薩軍を率いた西郷隆盛終焉の
地であります。
1877年9月1日、追い詰められた薩軍は鹿児島に戻り、ここ城山に本陣
を構え迫りくる政府軍の攻撃に備えました。
城山の公園駐車場近くに、西南戦争薩軍本営跡の石碑があります。
kagoshima_04.jpg
次第に政府軍の攻撃も激しくなり、西郷ら薩軍は山を少し下った岩崎谷
に洞窟を堀り本陣を移します。
kagoshima_05.jpg
西郷が最後の5日間を過ごしたのがこの洞窟と言われてます。
実際に目にすると、その洞窟は小さなもので、薩軍が窮地に立たされて
いた状況がひしひしと伝わります。

9月24日、政府軍は薩軍に対して総攻撃を開始します。戦力差は薩軍が
約300名の兵力に対し、政府軍は約5万人。
死を覚悟した西郷は早朝に岩崎谷を下ります。洞窟を出てわずか300m
のところで被弾し、歩けなくなります。
そして別府晋介の介錯をあおぎ、49歳の生涯を閉じました。
その場所にはこのように石碑が立っています。
kagoshima_06.jpg
ガイドさんのお話では、石碑の位置よりももう少し高い場所が本当の
終焉の地かもしれないとのことでした。

その後、西南戦争の弾丸跡が残る鶴丸城に向かいました。
kagoshima_08.jpg
kagoshima_09.jpg
政府軍の凄まじい攻撃の跡がいまも生々しく石垣に残されています。
140年前にあったこととはいえ、この市街地でこれだけ激しい戦争が
行われたことが信じられません。

明治維新では官軍として戦い、西南戦争では賊軍となり政府軍に敗れた
西郷隆盛。 時代の変革時期に翻弄されたその壮絶な人生の一部を垣間
みれた気がして、ちょっと目頭が熱くなりました。
kagoshima_10.jpg

さて、城山を巡りすっかりお腹も減ったので、天文館にあるうなぎ屋
「末よし」に向かいました。
知らなかったのですが、鹿児島は養鰻生産高全国一の鰻王国なんです。
kagoshima_11.jpg
こちら「末よし」の蒲焼も身が柔らかく、皮はパリパリの最高の焼き具合。
kagoshima_12.jpg
うな重の松を頼んだのですが、このボリュームで2,760円!
ご飯と鰻が分かれているお重も初めて。安くて本当に美味しかったです!
観光客よりも地元の常連さんが多く、愛されてるお店って感じも良かった
です。

お腹も心も満たされ、大満足。
さて、次はフェリーで対岸の桜島に向かいます。
kagoshima_13.jpg

鰻のあと、天文館「むじゃき」にて本物の白熊(かき氷)食べました!

nice!(8)  コメント(9) 
共通テーマ:映画

西武 vs. 日本ハムファイターズ 15回戦 [LIONS]

メットライフドームにて7/21(金)より開催している、ライオンズ
フェスティバルズ2017!今年は熱く燃え上がる情熱の炎をイメージ
した、赤のユニフォームで全24試合を戦い抜きます。

ということで、22日の日ハム戦を観戦に行きました!
この日は赤のユニフォームが無料配布の日だったので、球場は満員
御礼で開場からすごい人で盛り上がってました。
lions_20.jpg
lions_22.jpg
この試合は、人気が高かったので一塁側の席しかとれませんでした。

選手も観客もスタッフも赤いユニフォームを着ているので、球場は
真っ赤になり、なんか広島カープっぽい感じも...。
lions_23.jpg
ライオンズ先発投手は今年一勝しかしていない多和田。
相変わらず、そのダイナミックな投球フォームに圧倒されますね。
lions_24.jpg
lions_36.jpg
lions_35.jpg
しかし、初回レアードにデッドボールを投げるなど、ちょっと荒れた
感じ。
lions_25.jpg

日ハムの先発は、プロ初の先発投手となる白村。
中継ぎとして実績ありますが、先発としてはどうでしょう。
lions_26.jpg

と、いきなりライオンズ打線につかまります。
浅村フォアボールのあと、メヒアがレフトスタンドへ
先制2ランホームラン!
lions_28.jpg
lions_27.jpg

3回にも秋山が3ベースヒットを放ち、続く源田が犠牲フライを見事
にきめて3-0とします。
lions_29.jpg
白村は健闘むなしく、5回から石川直に交代。

その後も7回に1点追加し4-0。
ライオンズは8回からはピッチャーが武隈に交代。
lions_31.jpg
そして9回はクローサー増田がきっちりと抑え完勝いたしました!
lions_32.jpg
lions_33.jpg

多和田は序盤こそピンチがありましたが、終わってみれば9三振を奪う
好成績。今季2勝をあげることができました!
lions_34.jpg

快勝ではありますが、日ハムのチーム不振に助けられた感じで正直
喜べない感じも...。とは言え、ここで勝ち星を挙げておかないとすぐ
下からオリックスが迫ってきてます。なんとか3位を死守したい。

たまに1塁側から観戦すると新鮮な感じですね。

nice!(7)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

Zoff ATHLETE

最近、ハイキングでも重宝しているのがスポーツメガネ。
そもそも体力づくりのために、コソコソ通い始めたスポーツ
クラブ用に新調したのですが、使い勝手が良いので山でも
使っています。

メーカーはZoffのATHLETEというモデルでとても軽くフィット
感にも優れています。
zoff_01.jpg
サングラス程の遮光性はいらないのですが、ランニングなどの
スポーツを想定すると、ある程度の遮光性が欲しかったので
レンズには透過率53%のグレーレンズを選んでいます。
zoff_02.jpg
ご覧のようにラウンドフォルムなので、着け心地は快適です!
鼻パッドと耳あてはエラストマー素材なので、ずれにくく
フィット感がいいですね。

最近、コンタクトは目への負担が大きくてスポーツ時も使用
していません。かといって普通のメガネではフィット感など
不具合も多いので、ちょっと困っていました。
Zoff ATHLETE は価格も安く、性能も素晴らしいのでオススメ
です。

メガネも含め、最近のスポーツ用品の進化はスゴイですね~。



nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | -
メッセージを送る